閉じる
  1. 中折れの原因は性行為時の緊張からなる
  2. 中折れの原因は器質性EDだった!
閉じる

中折れの原因が判明したらレビトラで改善

中折れとは性行為の際にペニスが勃起しないことです。ペニスが中折れする原因には様々なものがあります。中折れは勃起不全やEDとも呼ばれます。
EDには原因によって機能性EDや器質性ED、混合性ED、薬剤性EDなどが存在します。

機能性EDには心因性EDと精神病性EDがあります。
心因性EDの原因は日常生活の様々な問題からくる現実心因と、過去のトラウマなど深層心因に分類できます。
深層心因は無意識下でEDの原因となっているのが特徴です。精神病性EDは統合失調症などが原因となって発症します。
機能性EDは勃起機能自体は正常ですが、心理的要因から性行為時に勃起が困難となります。

心因性EDの治療では心理療法の他に薬物療法が行われます。薬物療法ではレビトラのようなED治療薬が使用されています。
レビトラは性行為の1時間前に服用するのが通常です。空腹時に服用すれば20分ほどで効果が現れます。
有効成分のバルデナフィルは即効性が大きな特徴です。

器質性EDは神経や組織、血管などの問題が原因とされます。
身体機能や器官によって神経性、血管性、内分泌性、外傷・手術の4つに分類できます。
混合性EDは機能性EDと器質性EDの両方が混在します。薬剤性EDは服用している薬剤の副作用によって起こります。
中折れが生じる原因は様々ですが、それぞれに応じた治療を受けることが必要です。

勃起不全を防ぐためには普段から腹筋やスクワットなどの運動を行い、体質改善を行なうことが重要になります。
腹筋などの運動を行なうことで血行が促進されます。
また男性ホルモンであるテストステロンの分泌量も増加します。テストステロンが減少すると勃起や射精を促すドーパミンも減少するため、勃起不全につながります。
さらに男性ホルモンの減少により平滑筋が十分弛緩せず、ペニスへの血流量が制限されます。

腹筋やスクワットなどの運動を行えば血行を促進し、体質改善を図ることができます。
特に骨盤底筋群は海綿体に流入した血液を維持する役割を担います。下半身を鍛えることで、勃起状態を持続できるようになります。

中折れを防ぐためにも体質改善が必要

中折れを防ぐためには普段から運動を心がけ、体質改善を図ることが重要です。
勃起不全の原因には機能性、器質性、混合性、薬剤性があり、それぞれ対処法が異なります。
レビトラのようなED治療薬は、心因性EDだけでなく器質性EDや混合性EDにも使用されます。

器質性EDは神経性や血管性など身体の機能と器官によって原因が異なります。
男性ホルモンであるテストステロンが減少したことで起こる中折れは、器質性EDに含まれます。
この場合には性腺刺激ホルモンを筋肉注射して、男性ホルモンの分泌を促します。
性腺刺激ホルモンの注射でも改善しない場合には、男性ホルモン補助治療が必要です。

中折れには様々な原因があります。医師の相談を受けて治療を行なうのが合理的です。
普段から腹筋やスクワットなどの運動を行い体質改善を図っていれば、中折れを防ぐことができます。
運動は血行を促進し、男性ホルモンであるテストステロンを増加させます。さらに下半身の骨盤底筋群を鍛えることで、勃起の持続力が強化されます。

レビトラは血管を拡張してペニス周辺の血流を増やして勃起を促します。
男性は性的な刺激を受けると血液中の一酸化窒素濃度が上昇し、血管が拡張されます。
さらに血液中にサイクリックGMPが放出されると、平滑筋が緩んで海綿体に血液が流入し勃起します。
PDE5という酵素はサイクリックGMPを壊す働きがあり、勃起を終了させます。
何らかの原因によりPDE5が増え過ぎると、サイクリックGMPが少なくなるため中折れが起きます。

レビトラは有効成分のバルデナフィルがPDE5の働きを阻害することで勃起を促します。
心因性EDだけでなく器質性ED、混合性EDにも有効とされます。
普段から腹筋などの運動により体質改善を図ることで中折れを防ぐことができます。
また心理的・身体的原因により勃起不全となった場合でも、レビトラのようなED治療薬を適切に使用することで改善可能です。

関連記事

  1. ジャンクフード

    中折れの原因は器質性EDだった!

  2. 緊張する男性

    中折れの原因は性行為時の緊張からなる

おすすめ記事

  1. 中折れの原因は器質性EDだった!
  2. 中折れの原因は性行為時の緊張からなる
ページ上部へ戻る